カップルフォト倶楽部

年上彼氏の名前ってどう呼ぶ?男性が喜ぶ「呼び方」とは?

自分が彼氏よりも年下の場合、相手をどう呼んだらいいのか悩んだ経験はありませんか?
男性との距離感にもよりますが、相手に対して失礼な呼び方はしたくないですよね。

この記事では、「年上彼氏が喜ぶ名前の呼び方」についてまとめてみました。
年上彼氏の名前の呼び方で悩んでいる方は、是非参考にしてみてくださいね!

彼氏が年上だと呼び方に困る?

年齢が上の男性とお付き合いをするとき、名前の呼び方に困ってしまう女性は少なくないようです。
「苗字にサン付け」だと他人行儀過ぎないか、ニックネームで呼ぶのは失礼じゃないか……等など。

また、呼び方を変えるにしてもタイミングが分からないことも多いですよね。

年上彼氏が喜ぶ名前の呼び方4選

苗字に「くん付け」

「○○くん」という呼び方は年上の男性には失礼じゃないの?と思われるかもしれませんが、案外喜ぶ男性が多い模様。
名字にくん付けする呼び方は、ある程度親しくなったタイミングで呼んでみることをおすすめします。

名前に「さん付け」

ファーストネームにさん付けする呼び方が、最もシンプルで年上男性に人気な呼び方ではないでしょうか。
年齢差がある男性とのお付き合いで呼び方に迷ったときは、とりあえずこの呼び方を試してみましょう。

ちゃん付け

年上彼氏にちゃん付けはちょっと躊躇してしまうかもしれませんが、「親近感を感じる」と喜ぶ男性は少なくありません。
ちゃん付けは年下男性に限らず、年上の男性にも喜ばれる呼び方なのです。

ただ、人によっては嫌がる人もいるので、一応彼の反応を伺ってみた方が良いでしょう。

呼び捨て

年上彼氏の呼び方でハードルが高いのが、「呼び捨て」ではないでしょうか。
しかし、男性によっては「恋人同士の特別感を感じる」と、意外と好意的に受け止める人も多いのです。

ただ、やはり嫌がる男性もある程度いるので、相手に確認を取ってから呼ぶことをオススメします。

迷ったら本人に好きな呼び方を聞いてみよう

年上彼氏の呼び方に困ったら、本人に好きな呼び方を聞いてみるのが無難でしょう。
デート中などに、さりげなく彼氏に尋ねてみてください。

そうすれば、悩むことなく彼が喜ぶ呼び名で呼んであげられるはずです。

敬語をやめるタイミングも本人に尋ねよう

年上男性と年下女性のカップルだと、最初はどうしても敬語を使ってしまう人が多いのではないでしょうか。
しかし男性心理としては、交際期間が長いのに彼女が敬語のままだと、心の距離を感じて傷ついてしまうこともあるようです。

カップルの心理的距離を縮めるためにも、ずっと敬語のままは止めましょう。
名前の呼び方と同じく、彼氏に「敬語をやめてもいいですか?」と直接聞いてしまうのがオススメです。

また、メールからタメ語に変えてみるなど、ちょっとずつ敬語をやめる工夫をしてみましょう。

年上彼氏の呼び方を変えるタイミング

年上彼氏の呼び方は、付き合った長さに応じて段階的に変えていくのをオススメします。
特にこだわらない人もいますが、中には付き合ったばかりの彼女にあだ名等で呼ばれるのを嫌がる男性もいるからです。
最初は「さん付け」→「くん付け」など、徐々に変えていきましょう。

また、誕生日などの記念日を利用するのも一つの手です。
彼氏にプレゼントを渡しながら、「今日から○○くんって呼んでいい?」と可愛くおねだりしてみましょう。
年上彼氏のプライドを傷つけないようにするのがポイントです。

年上の恋人は人前では「さん付け」で呼ぼう

年上彼氏をあだ名やちゃん付けで呼ぶときは、周りの状況をよく見てからにしましょう。
特に彼氏が職場の上司や先輩だった場合、相手の面目に関わる可能性もあります。
彼氏の気持ちも考えて、人前では大人の態度を心がけましょう。

「ラブラブな呼び方はふたりだけのとき」というのが、年上彼氏と付き合うときのマナーです。

長続きさせるためには自分が呼びやすい呼び方で

彼氏の気持ちを考えることも大切ですが、基本的には自分が好きな呼び方でOK(仕事の場以外!)。
恋愛のドキドキ感を味わうには、いつもお互いに名前を呼び合うことが大事です。
ですので、遠慮して彼の名前を呼べない……となると、逆に長続きしなくなってしまうでしょう。

二人のラブラブ度を高めるような、愛情たっぷりの呼び方で彼を呼んであげてくださいね。

姉妹サイト
友だち追加

#TAG

人気のタグを押してみましょう!
複数検索も可能です。

#FOLLOW AS