カップルフォト倶楽部

同棲にかかるお金はどのくらい?生活費を節約するためのコツまとめ

彼氏と一緒に暮らしてみたいけど、貯金もあまり無いしどのくらいお金がかかるのか不安……。
同棲には憧れる女性は多いと思いますが、実際どれくらい生活費がかかるのか分かりづらいですよね。

この記事では、「同棲の初期費用や生活費の平均」についてまとめてみました。
「同棲中の生活費の分担」や「生活費のやりくり」等についてもご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね!

同棲するための初期費用は?

同棲を始めるためには、まず初期費用を用意しなければいけません。
初期費用にかかる金額は、だいたい家賃の5ヶ月分を目安に考えましょう。
例えば家賃が10万円の物件に引っ越す場合、約50万円ほどは事前に用意しておかなければなりません。

■初期費用の内訳

  • 敷金……家賃一か月分
  • 礼金……家賃一か月分
  • 仲介手数料……家賃一か月分
  • 前家賃……家賃一か月分
  • 日割り家賃……入居した月の残り日数分の家賃
  • 鍵交換費用……1~2万円程度
  • 火災保険料……2万円程度
  • また、引っ越し業者に払う費用、家具や生活用品を用意するのにも別にお金がかかります。
    礼金無しの物件を選んだり業者に頼まず自分たちで引っ越しをするとしても、ある程度まとまったお金は必要になると思っておいた方が良いでしょう。

    同棲にかかる生活費の平均はいくら?

    総務省の家計調査によると、総世帯の2017年度の平均消費支出は243,456円のようです。
    もちろんこれは単身世帯や二人以上の世帯を合わせた平均値なので、カップルの同棲となるとまた違ってくるでしょう。

    参考データ:総務省統計局

    そこで、同棲カップルの生活費例をシミュレーションしてみました。

    同棲中の生活費の内訳シミュレーション

    カップルが二人で生活した場合、一か月分の平均生活費はどのくらいになるのでしょうか?
    家賃を10万円として、同棲中カップルの生活費の内訳をシミュレーションしてみました。

    ■二人暮らしの生活費内訳

  • 家賃……10万円
  • 食費……3万円
  • 水道光熱費……2万円
  • 通信費(インターネット)……5千円
  • 携帯代……1万円
  • 基本の内訳はこんな感じで、総額16万5千円
    しかし、カップルが同棲していて、これだけで済むはずがありません。

    この他に、デート費(外食費)・娯楽費・交際費(同棲相手以外との付き合い費)・雑費なども含めると、どうしても20万円以上になってしまうのではないでしょうか。
    同棲にかかる一人当たりの一か月の生活費は、約10万円かかることになります。

    二人の生活スタイルによって生活費はかなり変わってくる部分はありますが、ある程度の目安として参考にしてくださいね。

    同棲中の生活費の分担の割合は?

    同棲する男性との生活費の分担はどうすればいいのでしょうか?
    一番シンプルな方法は、家賃や水道光熱費を含めた全体の生活費を折半してしまうことです。
    共通の財布を用意し、お互いに同じ額を入れて生活費にするというルールを決める管理方法もあります。

    しかし、社会人カップルで収入の差が激しく、生活費折半が難しい場合もあるかもしれません。
    そんな時は家賃や食費を彼女、外食費などのデート代を彼氏が……等、分担方法を話し合いで決めてもいいでしょう。
    生活費の負担額は揉めやすい部分でもあるので、二人でよく相談して納得できる分担方法を探しましょう。

    お金がない……同棲中のお金のやりくりのコツ

    二人とも社会人で仕事をしていたとしても、同棲中のやりくりが辛くなることもあるでしょう。
    具体的にどんな節約生活を送ればいいのか、分からないときもあると思います。
    そこで、同棲中におすすめなやりくり方法をいくつかご紹介します。

    (1)生活リズムを合わせる

    お互いの生活リズムに大きな違いがあると、無駄に光熱費がかかってしまう可能性があります。
    なるべく同じ部屋で過ごして同じ時間に就寝することで、無駄な電気代やエアコン代を抑えることが可能です。

    (2)外食を控えて食費を浮かせる

    外食を控えて自炊をすることも、食費を浮かせる意味で大きな節約になります。
    毎日作るのが難しい場合は、常備菜を作っておいたりスーパーで割引されたお惣菜を上手く活用するといいでしょう。

    これを機に彼氏と一緒に料理を作ってみるのも、将来的に結婚を考えているのなら家事の予行練習という意味で役に立ちます。

    (3)家計簿をつける

    今まで家計簿の習慣の無かった人は、同棲をキッカケに付け始めてみることをおすすめします。
    家計簿をつけていないと、お金の管理が適当になってしまい節約も難しくなります。

    結婚生活にも必要になってくることなので、家計簿の付け方は覚えておいた損は無いでしょう。

    同棲中にお金のことで喧嘩しないためには

    同棲していると、彼とお金のことで口論になることもあるかもしれません。
    そんな同棲中のトラブルを避けるためには、どうすればいいのでしょうか。

    共通の口座を作る

    同棲中の生活費分担の項目でも触れましたが、共通の口座(財布)を使うのも一つの手です。
    あらかじめ生活費を共通の口座に二人で入れておけば、「お金が足りない!」と揉めることも少なくなります。

    余った額を貯金すれば、負担の無い範囲で貯蓄を増やすことも可能です。

    生活費の分担についてしっかり話し合う

    一番大切なのは、同棲を始めるときに生活費の分担について彼としっかり話し合うことです。
    お金の話というのは、何となく気後れしてしまうものかもしれません。
    しかし、最初にキチンと相談しておかないと、後々の破局に繋がるようなトラブルになりかねません。

    一緒に生活していくうえで不可欠なものだと考えて、生活費の分担についての話し合いはちゃんと行うようにしましょう。

    同棲するならお金の管理についてキチンと考えて!

    同棲をしたいと思っても、現実的な問題としてお金がかかります。
    キチンと計画を立てておかないと、後になって痛い目を見るかもしれません。
    彼氏と同棲の話が出たときは、お金の管理についてもしっかり考えておくようにしてくださいね。

    姉妹サイト
    友だち追加

    #TAG

    人気のタグを押してみましょう!
    複数検索も可能です。

    #FOLLOW AS