カップルフォト倶楽部

脳裏に焼き付いて離れないよ…!男が「忘れられない女」の特徴4つ

男性は、過去の女性を今の彼女とは別フォルダとして保存します。
その中には、いつまでも色あせない「忘れられない女」がいるという男性も多いよう。
そこで今回は、男が「忘れられない女」の特徴について、紹介していきます。

(1)あっさりと身を引いた

『別れる時揉めるかなと思っていた人に、あっさり承諾されると、ずっと気になる』(25歳/SE)

別れの時、拍子抜けするぐらいあっさりと身を引かれると、忘れられなくなります。
去り際がキレイであると、その印象が強く残り、思い出が美しく記憶されるもの。

そして、何故あんなにあっさりと別れを受け入れたのか、気になるようになります。
彼女は、別れに対してどのように感じていたのか分からないので、どうしても思い出すもの。

引き際が美しいと印象として残りやすく、またモヤモヤした気持ちが残るので、忘れられない女として残ります。

(2)ケンカの原因が自分にあった

『会って一言謝りたい!』(27歳/コンサル)

売り言葉に買い言葉というように、些細なことが大きなケンカになり別れてしまうことありますよね。
その時は、怒っていたけれど、落ち着いて考えてみると、自分に原因があったと反省するもの。
彼女に申し訳ないことをしたと思い、忘れられない女となります。

この場合は、別れた後悔が大きく、彼女に対して謝りたい気持ちでいっぱいに……。
しかし、今さら謝ることもできず、モヤモヤ。
良かった思い出を振り返り、自分がしたことに対して後悔し、度々思い出すことになります。

(3)一途に思ってくれていた

『付き合っている時は気付かないんだよ。男ってバカだからさ』(33歳/企画)

一途に思い、尽くしてくれていたことは、別れてから気付くことがほとんど。
付き合っている時は、好きでいてくれて自分から離れない安心感から忘れがち。
別れて、一途に思ってくれていたこと、尽くしてくれていたことが分かり、忘れられない女となります。

次の彼女が出来た時、今まで当たり前に元カノがしていたことを、できないと言われた時など。
その時になって初めて、当たり前ではなかったと気付きます。
元カノといると心地良かったのに、自分の勝手で別れてしまったと、忘れられなくなります。

(4)波長が合う相手だった

『付き合った中で、一緒にいて楽だった相手は忘れられない』(31歳/金融)

一緒にいて、楽な相手っていますよね。
何も言わなくても通じ合っているような関係のこと。
それは、お互いの波長が合っていることはもちろんのこと、自分のことを自分以上に理解してくれていたから。

その時は、穏やかな関係だったぶん、刺激が足りないと不満があったかもしれません。
しかし、別れて他の女性と付き合う事で、波長が合う相手はなかなかいないことに気付くもの。

自分のことを理解してくれていた人は他にいないと思い返すことが多くなり、忘れられない女となります。


女性は彼氏を上書き保存するのに対して、男性は別フォルダに大切に保管します。
それだけ、思い出も色濃く残り、美化されていることがほとんど。
忘れられない女は、男性の後悔から作り出される産物かもしれませんね。

(文/恋愛jp編集部)

姉妹サイト
友だち追加

#TAG

人気のタグを押してみましょう!
複数検索も可能です。

#FOLLOW AS